債務整理のメリット・デメリットナビ※後悔したくない!

債務整理のメリット・デメリットナビ※後悔したくない!

債務整理

 

借金をしたものの、返済ができなくなってしまったというケースは珍しくありません。
そんな時には救済措置として債務整理の手続きを行う事ができます。
債務整理は司法書士や弁護士などに力を借りて借金を楽にする為に行う所定の手続きの事ですが、メリットやデメリットがあります。
債務整理のメリットについてですが、まず借金が減額されたり免除してもらう事が可能になります。
債権者と相談したり裁判所に申請する事によって、借金の総額を減らしてもらう、返済期間を延ばしてもらう、あるいは借金を丸々免除してもらうなどの措置を受ける事ができます。
自己破産デメリット、個人再生デメリット、任意整理デメリッなど手続き内容によって結果が違ってきますが、いずれの手続きでも借金が楽になりますので、それが債務整理の大きなメリットと言えます。
反対にデメリットもありますので見てみましょう。
デメリットはしばらくの間、ローンを組む事ができなくなります。
債務整理の手続きをした場合、所謂ブラックリストに載った状態になりますが、ブラックリストに載っている場合ですと金融機関から敬遠されてしまいます。
その為、通常は融資の申込みをしても断られる事になります。
ただし、ブラックリストは永久に情報が保持される訳ではありません。
5年以上の時が経つ事によって除外されますので、それ以降ならローンを組んだりする事も可能になります。
財産が取られてしまう可能性があるのもデメリットです。
手続きの内容によっては20万円を超える財産がはく奪される事になりますので、価値のあるコレクションなども手放す必要があります。

 

債務整理のデメリット

借金問題を解決するために、債務整理をすることを選択するのも一つの手段です。
しかし、債務整理にはメリットばかりではなく、デメリットもあることを理解したうえで行なうことも大切です。
債務整理のメリットとしては、次のようなことがあげられます。
まず、借金の問題から解放されることが最大のメリットです。
今まで、借金に苦しみながら生活してきた人が借金の問題から解放されることは、心からほっとする瞬間です。
借金の問題から解決されることにより、新たな人生のスタートさせるという人もいます。
また、自己破産や個人再生などの法的な整理の場合には、裁判所に現在の家計の状況を報告することになります。
1カ月の収支の状況を記載して裁判所へ提出するもので、簡単にいうと家庭簿のようなものをつけることになります。
この家計簿をつけることによって、今までの生活状況を見直すことができるようになります。
逆に債務整理のデメリットとしては、次のようなことがあげられます。
まず、経済的な信用が一時的になくなることが最大のデメリットです。
債務整理を行なうことによって、その旨が信用情報機関に登録されることになります。
一般的に貸金業者が貸し付けを行う場合には、事前に信用情報機関に照会を行なうことになっています。
過去に支払いの延滞などがないかはもちろん、債務整理を行っているかなどの情報を照会します。
その結果をもとに、貸し付けを行うかどうかの審査を行ないます。
債務整理を行うと、信用情報機関にその情報が登録されることになり、これを俗にブラックリストに載るといいます。

そうなると一定期間、借り入れができないというデメリットをうけることになります。

 

 

借金の返済で生活費まで足りなくなってしまい、生活費の補充のために更なる借金を繰り返しているといった悪循環に陥っている方は、表面化されていないだけで一定数存在していると言えます。
どうしても返しきれない借金が溜まっているという場合に活用できる消費者救済システムのひとつとして挙げられるのが債務整理です。自己破産とも呼ばれている債務整理は保有している資産を一切合財手放す形で、資産として扱われる借金も帳消しにしてしまえるため、借金の元本そのものを消し去れるといったメリットがあります。資産を全て手放さなければならないため、個人名義で一戸建て住宅や自動車を所有しているようならそれらも処分する必要があるというデメリットがあるものの、借金が原因で大した資産を持ち合わせていないといった方からすると借金を帳消しにできるといったメリットの方がデメリットより上回ると言えるでしょう。
債務整理のメリットとしてもうひとつ挙げられるのが、利子として借金の借り入れ元に対し過度に支払っていたお金を払い戻してもらうための請求が行えるという点です。本来支払わずともよかった現金が数万円単位、場合によっては数十万円単位で返ってくるため生活費の補充に役立つと言えるのです。
しかし債務整理を行うと、数年は銀行や消費者金融業者からの新規借り入れやローン契約が行えなくなったり、キャッシュカードが製作できなくなったりするデメリットがあるため注意を忘れないでください。

リンクX1_top1

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法