関連サイト集

リンクX1_cnt1債務整理
経済提携の蹉跌 : 満州事変前の債務整理問題をめぐって
私は元々お金の管理というものが苦手で、収入以上にお金を使うことはないけれども、「貯金」とは程遠いところにいました。つまり使い切りタイプ。 しかし、大きな買い物をしたり旅行に行くとなると、それなりのお金が必要です。これは何とか貯金をしなければと思い、始めたのが家計簿をつけることでした。 でも、家計簿の残高と手元のお金が合わなくなることがあるんです。これが私には許せなかった。ズレが出ることにストレスを感じ、始めても始めても長く続かない。 そんな時「残高は書かずに、何にいくら使ったかだけを書いている」という友人の話を聞いて、「そういう家計簿のつけ方もあるんだ!」と衝撃を受けました。 だってどの家計簿帳にも「残高欄」があるんですもん。そこを書かない選択肢が私にはなかった。 やってみれば、残高を合わせる必要がないって、とても気が楽。こんな簡単なことで家計簿をつけるのが長続きするようになるなんて思いませんでした。 おかけで支出の無駄がわかる分、変なところにお金を使うことがなくなり、自然と貯金が出来るようになりました。 家計簿が続かない方にはオススメです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法