ファビオバジーレ  →

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

ファビオバジーレ  →

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

ファビオバジーレ By ファビオバジーレ

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

  • {xia35}
  • {xia36}
  • {xia37}
  • {xia38}
  • {xia39}

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

  • {xia40}
  • {xia41}
  • {xia42}
  • {xia43}
  • {xia44}

ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

  • {xia45}
  • {xia46}
  • {xia47}
  • {xia48}
  • {xia49}
ファビオバジーレ

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

続く第33節鳥栖戦では後半アディショナルタイムのラストプレーで途中出場の小林久晃に同点ゴールを決められて痛恨の引き分け、G大阪に首位を明け渡す。 FC東京の大久保択生、盛岡の土井康平、両GKが試合入場時にメーカーは異なるものの完全に同一の全身黄色のユニホームを着て登場。

また、ハートフルクラブの一環として小学生向けのサッカースクール(「ハートフルスクール」)を浦和駒場スタジアム、レッズランド、東松山、くまがやドーム、埼玉スタジアム、与野八王子で開催している。再びこのホットラインが復活し前田遼一のゴールも駒野のアシストによって増えるのだろうか。  8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝が行われ、プリンスリーグ東海のジュビロ磐田U-18とプレミアリーグEAST所属のFC東京U-18が対戦し、ジュビロ磐田U-18が1-0で勝利し見事に優勝を果たした。

  • {xia50}
  • {xia51}
  • {xia52}
  • {xia53}
  • {xia54}