2回目の債務整理について

自己破産2回目や、現在では過去に債務整理を行った人が再び債務整理の相談を持ちかけてくるケースが増えています。もちろん本人に一番の責任があるのですが、現在は働いても給料が上がっていくことも少なく、リストラなどで急に職を失ってしまう場合や、給料カットやボーナスカットなどによってやむを得ず再び借金をしてしまうというケースもあります。身のたけにあった額を借りている場合には問題はありませんが、中には再度借金の返済が滞ってしまう人もいます。特にそのような人の中には不景気のために仕事を見つけることが難しく、収入を得ることが出来ない人もいます。債務整理をした後は、数年間に渡って信用情報にそのことが記載されます。そのため、その期間は借金を行うことは出来ません。信用情報が消えると再び借金をすることは出来るようになりますが、以前に借金していた会社からは基本的に借り入れをすることが出来ません。すると借金をする相手が限られてくるようになるため、最悪の場合には闇金などに手を出すようになり、自己破産しか道がなくなる場合もあります。過去に債務整理を行っていたとしても2回目を行うことは可能です。2回目ということで恥ずかしいという思いが強い人もいるかもしれませんが、大事なのはその後の人生のために借金をきちんと返済することです。法律事務所は2回目だからという理由で断ったりはしません。人生は長いため、そのままあきらめるのではなく専門家に相談することが大事です。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法