債務整理の種類ごとに必要となる条件とは

債務整理とは、多額の借金を抱えて生活が苦しくなった場合に、効率的に借金を清算するための手法のことをいい、いくつか種類があります。
無職で収入のあてがまったく付かなかったり、生活保護を受けているような人の場合には、債務整理のなかでも自己破産よばれる方法を選択します。自己破産は、支払い不能の状態になっていることが条件であるため、このような人たちであれば裁判所に認められる可能性は大きいといえます。自己破産が認められれば、借金の支払い義務はすべてなくなりますので、一から生活をやり直すことができます。
現在の返済額には足りないものの、一定の収入があって将来的に返済の目処が立つようであれば、債務整理のなかでも個人再生や任意整理という方法が適しています。
個人再生は、借金の総額によっても細かい違いがありますが、おおむね借金の8割ほどが減額され、残りを3年ほどの期間を通じて分割して返済することによって、完済すればすべての支払義務がなくなるという制度です。こちらは自己破産とは違い、将来の支払いの見込みがあることが条件となります。
個人再生は裁判所を通す手続きであり、すべてが決まるまでに半年程度かかることもあるため、より素早く債務整理をしたいという場合には、任意整理という方法を用います。任意整理は、弁護士などが債権者と交渉して、借金の減額や返済期間の延長を合意させるというもので、裁判所を通す手続きではないため、利用できる条件といったものはありません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法