ローンなどの債務が多額になってしまった時には債務整理を考える

カードローンやそのほかの借金など債務が多額になってしまい、返済することがままならなくなった場合には、債務整理によって生活を立て直すことを考えることも必要です。債務整理には、任意整理や個人再生、特定調停、自己破産などの方法があります。
任意整理とは、ローン会社などの債権者と債務者が話し合い、債務の減額などをしてもらって、返済計画を立てる方法です。一般的に弁護士などが間に入って話し合いをすることになります。個人再生では自宅を手放すことなく返済計画を立てることができます。特定調停は裁判所によって調停委員を任命し、調停委員が間に入って返済計画を進めていく方法です。ここまでの債務整理は、負債を減額してもらい、残りを返済していく方法です。しかし、債務があまりにも多額で、債務を減額してもらっても返済計画を立てるのが困難な場合には、自己破産という方法を選択することが多くなります。
自己破産は、ローンやそのほかの借金の、ほとんどの返済義務がなくなる方法です。税金などの支払い義務は残ります。また、生活に必要な財産以外は、債権者への支払いに充てられます。自己破産をすると、その後の生活に大きな支障が生じると考える人もいます。しかし、自己破産をしたことは、官報に掲載されますが、それ以外に知らされることはありません。家族にも特別知らされることはありませんが、その後の生活のことも考えると、事前に相談することを考える必要があります。また、数年はクレジットカードが作れない、ローンが組めないなどの影響がありますが、返済に追われて毎日を過ごすという生活から救われることが最大のメリットとなります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法