債務整理の種類について

借金が返済に出来なくなった場合に行われるのが債務整理です。経験のない人はあまり知らないかもしれませんが、債務整理には複数の種類があります。もっとも有名なものは自己破産でしょう。自己破産を行い裁判所から免責を受けると借金はゼロになりますが、家などの不動産や車などの財産はすべて失ってしまうことになります。最近の主流としては任意整理という債務整理の方法です。裁判所を介さずに弁護士や司法書士が仲介し、債権者と債務者との間で話し合いをし、借金の返済方法や借金の減額などを交渉する方法になります。返済期間は3年程度になることが多く、交渉がうまくいくかどうかは専門家の交渉能力によってもかわってくることとなります。債務整理のほかの種類としては特定調停という方法があります。特定調停は裁判所がかかわる任整理と考えるとわかりやすいです。裁判所が利息制限法に基づいて債務を引きなおし、これを3年程度で将来利息なしの分割返済にしてもらう方法になります。公的な機関である裁判所が間に入ることで債務者と債権者との間で信頼できる交渉が行えるのがメリットになります。債務整理の種類にはもうひとつあります。それは民事再生という方法です。この方法は将来継続または反復して一定の収入が見込める場合に行われる方法です。債務の一部を3年程度で支払い残額を免除してもらう方法になります。再生案が認められると借金は5分の1か100万円の多いほうに減額されます。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法